有害物質の検査方法|ROHS分析で分かることは?【有害物質ゼロの製品を使おう】
toxic substance

ROHS分析の分析方法を紹介!ICPとは何か

有害物質の検査方法

歯車

有害物質の検査

製品に有害物質が含まれているのかをチェックするための検査や分析は数多くあり、企業によって利用される分析は異なります。どのような分析があるのか、どうやって分析を行なっているのかを知ることで分析業者や検査機関探しに役立てます。

分析の種類

分析の種類には、野菜や食品に残っている農薬を分析するものから、ペンキなどの塗料に含まれている物質の分析まで幅広くあります。分析を利用するのであれば自社のサービスや製品に合った分析を選択するようにしましょう。

分析結果に注目

ROHS分析はいくつもの有害物質を検査することが出来ます。またこの分析に用いられる手法はICPと呼ばれる特殊なプラズマを利用して、高度な分析を実現させているのです。分析方法によって検査結果も変わるのでどのような分析方法を行なっているのか調べておくのもいいでしょう。

分からない場合は

分析の種類や方法について、専門用語が多く分かりにくいこともあります。この場合は直接分析を行なう業者や機関に相談してみるといいでしょう。相談する際に、目的と要望を伝えることで数ある分析方法の中から業者側で要望に近いものを提供してくれます。