ROHS分析の検査項目|ROHS分析で分かることは?【有害物質ゼロの製品を使おう】
toxic substance

ROHS分析の詳細【個別分析とセット分析】

目的別に分析を

製品に有害物質が含まれていないか確認する企業は多いです。分析自体も企業のニーズに合わせて様々な検査や方法で行なわれていますが、何を検査するのか、基準値がどうなっているのかをしっかり確認できるように専門機関に依頼するようにしましょう。

ROHS分析の検査項目

テクノロジー

実績の高い検査

ROHS分析を依頼する企業は数多くいます。世界でも有名な検査機関と連携している業者が多いのも、分析依頼の数が多いことに関係しているのでしょう。実績や経験のある機関に分析を依頼することで質の高い検査を行なうことが出来るのです。

ROHS分析の内容

ROHS分析では、「家電」や「電化製品」に使用されている物質に水銀などの有害物質が使用されていないかを分析しています。分析される有害物質は、先ほど名が挙がった水銀の他に、ポリ臭化ビフェニールやポリ臭化ジフェニルエーテルなどが含まれているのです。

依頼する場合

ROHS分析を依頼する場合には、事前に分析してほしい有害物質を個別で選択する方法と、RoHS指令に定められている10種類をセットで検査する方法があります。そのため輸出のためだけでなく、製品の品質をチェックするために分析を依頼することも出来るのです。

分析依頼の多い有害物質ランキング

no.1

1位【水銀】

水銀はROHS分析の中でも分析依頼が多い有害物質になっています。人体だけでなく、環境への悪影響も大きいため多くの企業が分析を依頼しているのです。

no.2

2位【鉛】

水銀に次いで分析依頼の多い有害物質として鉛が挙げられています。鉛は土壌に溶け込みやすい有害物質のため、土壌汚染を引き起こしやすい物質なので分析を依頼する業者が多いのです。

no.3

3位【カドミウム】

ランキング3位になっているカドミウムは4大公害のひとつとされている「イタイイタイ病」の原因となっています。国内ではカドミウムの検査は厳しく行なわれているため、専門機関に分析を依頼する企業も多いのです。