toxic substance

輸入や輸出に関わるROHS分析を解明

ビジネスに関係する

ROHS分析は有害物質の有無や含有量を分析するために行なわれています。この分析を行なうことで、安全な製品を作っていることを証明することにもなるので企業の業績にも繋がるのです。

製品に使われている物質

自然

生活に必要な製品

我々が生活をする上で必要となる冷蔵庫や電子レンジ。これらの製品は一般家庭であれば一台は置いてあるでしょう。様々な用途で使われる生活家電ですが、製品を形作るうえで使用されている素材や物質に有害物質が含まれているケースもあるのです。有害物質が含まれていない製品か判断するための手段としてROHS分析という分析方法が存在しています。

ROHS分析とは

家電を作っている企業は国内だけでなく世界中に存在しています。値段が安いということを理由に海外製品を利用する家庭も多いでしょう。海外製の家電を利用するのであれば、RoHS分析が行なわれている物をオススメします。RoHS分析は人体に悪影響を与える水銀、カドミウム、六価クロムなどを分析し、基準値以下になっているか確認しているので分析が済んでいる製品は安全と言えるのです。

ROHS分析を行なってる企業に聞いてみました

自社の製品の安全性を理解してもらうために行なっています

やっぱり、利用する方々に安心して使ってほしいという気持ちが第一です。自社でも様々な検査を行ないますが、ROHS分析を専門機関で行なったほうがより安全性を確かめることが出来るので分析を依頼しています。

海外へ輸出する際に必要なので

製品を輸出する際に、必要な分析項目のために我々の企業ではROHS分析を行なっています。人だけでなく、環境にも優しい製品づくりが我々のモットーとも言えるのでROHS分析は欠かせませんね。

処分に困らないように

ROHS分析を行なう理由としては、当然利用者のことも考えていますが製品を処分する際に有害物質が出ないようにする目的もあります。環境汚染に繋がるような製品を作っては企業の名が泣きますからね。

専門機関は信頼できるから

ROHS分析が行なえる専門機関は世界でも有名な機関なので信頼できます。自社で行なおうとするとどうしても設備を整える必要がありますので、コストもかかってしまいます。コスト削減と安全確保として分析を依頼しています。